【FX】初心者でもわかるFXチャート分析の方法

チャート分析方法

チャート分析とは為替レートの過去の値動きを表すチャートと呼ばれるグラフをもとに未来の値動きを予測することです。

売買のタイミングを図るためにとても重要でFXで利益を上げるためには必要不可欠な作業となります。

一口にFXのチャート分析といっても分析の方法は多岐にわたり政界はありません。

人によって違います。

トレードスタイルと分析手法の相性も関係しますのでトレーダーによって信頼する指標が異なっておりまして個性が表れる部分でもあります。

チャート分析に正解はないと言ってもセオリーというものは存在します。

多くのトレーダーが意識する分析手法を知ることは勝率アップのために非常に有効です。

勉強するということです。

多くのトレーダーが意識する代表的なチャート分析の方法を3つご紹介していきます。

 

一つ目

一つ目の方法はローソク足を用いたチャート分析です。

ローソク足は日本発祥の分析手法です。

1本のローソク足には始めれ終値高値安値の4つの情報が含まれよっており始値より終値が高いローソク足を予選始値より終値のほうが安いローソク足を陰線と言います。

そして始値と終値の開きを表す太い部分の実態始値終値から高値安値までの距離を表す細い線をヒゲと呼びます。

ローソク足で注目すべきは実態とヒゲの大きさです。

 

実態の大きな陽線下ヒゲの長いローソク足は買いシグナルです。

で実態の大きな陰線上ヒゲの長いローソク足は売りシグナルとなります。

 

その後大きな上昇に発展しますしていますのでこの赤い丸の時点で買いシグナルです。

かってで上がった後に売るとすれば儲かります。

イン戦の方は実態の大きな陰線が2本連続で出現しています。

その後大きな下落に発展しているとこの時点でへこの青い丸の時点で売ります高く売ってa 下落した後に安く買うとすれば利益が出るという仕組みになります。

二つ目

二つ目のチャート分析方法は移動平均線です。

移動平均線は一定期間の終値の平均値を結んだ曲線で相場の強弱を分析するために有効な指標です。

 

期間設定は投資家によってまちまちなのですがここでは多くの投資家が意識する。

20機関の移動平均線つまり過去20本分のローソク足の終値を結んだ曲線をチャートに表示させています。

移動平均線で見るべきポイントは線の動きとローソク足の位置です。

移動平均線が上向きでローソク足が山之上が日する場合は強気相場この赤い方ですね移動平均線が上向きになっている強気相場です。

逆に移動平均線が下向きでローソク足が線の下側に位置する場合は弱気相場示唆します。

移動平均線が下向きで移動平均線よりローソク足がしたが日しているこれが弱気相場です。

中期相場の中で彼は買いポジションを立てます。

安く買って高く売ることで利益獲得を狙います。

反対に弱気相場の中では売りポジションを立てて高く売って安く買い戻していくのが基本方針となります。

三つ目

代表的なチャート分析方法の3つ目はRSIです。

RSIは相場が買われ過ぎているのかはたまた売られ空いているのかを分析するための指標です。

50%センターラインとしてゼロから100%までの数値で表されます。

 

 

30%以下が売られ過ぎゾーン70%以上が買われ過ぎゾーンと判断します。

一般的にRSIが70%以上になれば買われ過ぎと判断して売るタイミングを探します。

逆に30%以下になれば売られ過ぎと判断して買うタイミングを探していくのが基本的な使い方です。

まとめ

ご紹介する代表的なチャート分析方法は以上になりますが一つ覚えてほしいおいてほしいことがあります。

それは必ず的中する分析手法は存在しないということです。

分析しても売買シグナルは機能する時もあればもう騙しに終わることもありますので過信は禁物です。

様々な分析手法を試してみてで自分のスタイルに合ったものをチョイスして選んでいくと良いでしょう。

今回はFXのチャート分析の方法について解説させていただきました。

FX

Posted by てんてら