FXで守りたい5台ルール

今回はFXで守りたい5台ルールというテーマでお届けします。

FXを始めたけど損失ばかり増えてしまうトレードではどんなことに気をつければいいのこんなあなたは必見の内容です。

FXで守るべきルールとはFXを始めたけど損失ばかりが増えてしまっていませんか。
FXは誰でも始めることができますし取引方法に決まりはありません。
ですが、損失を抑えるために守るべきルールといえるものが存在するのです。

5つのルール

それは次の5つです。

  • 損切りラインを定めておく
  • 感情的にならない
  • ポジションを大きく持たない
  • レバレッジをかけすぎない
  • 自分の取引ルールを見直す

それぞれのルールについて解説していきます。

FXで守るべきルール1

損切りラインを定めておく5つあるルールの中で最も大切と言えるのがこの損切りラインを定めておくことです。

損切りとは取引で含み損が生まれてしまったときに自分自身で損失を確定させてしまうことを言います。

つまり損切りラインを定めるとはどれくらいの含み損で喪失を確定させるかあらかじめ決めておくということです。

含み損とは確定していないその時点での評価としての創出のことを言います。

実際に決済するまで喪失は確定されません。

損切りラインを定めておかないと含み損がどんどん膨らみ最終的には大きな損失になってしまいます。

FXにおいては勝つことより負けないこと生き残ることが大切です。

大きく負けなければまた次のチャンスを迎えることもできるのです。

FXで守るべきルール2

FXで守るべきルールに感情的にならないFXの取引で感情的になることは厳禁です。

例えば絶対に損切りをしようと決めて取引に臨むとします。

しかしいざ含み損が膨らむと負けが惜しくなりせっかく定めた損切りラインを越えても損切りができないこともあります。

このように感情的になると自分で定めたルールを破ることになり大きな喪失を産むことにつながります。

損失を抑えるためには機械的と言ってもいいほどに感情押し殺して取引に臨むようにしましょう。

FXで守るべきルール3

ポジションを大きく持たない。

FX取引では通貨を買っている状態または売っている状態をポジションと呼びます。

ポジションを大きく持てば利益も大きくなりやすい一方大きな損失にもなりやすいといえます。

例えば100万円分の取引を行うにしても一度にすべて資金を投入するのではなく20万円ずつの資金を相場の様子を見ながら5回に分けて取引を行うなど
急な相場の変動などのリスクに備えながら投資をするといいでしょう。

そうすれば損失が生まれたとしても最小限で抑えることができます。

FXで守るべきルール4

レバレッジをかけすぎないレバレッジとはFX会社にお金を預けそれを元手にさらに大きな金額で取引を行うことです。

例えば下でが10万円の場合でも国内のFX会社であれば最大25倍の金額つまり250万円分の取引ができるようになります。

その分得られる利益も大きくFX最大の魅力とも言えますが負けた時の損失も当然大きくなります。

損失を抑えるためにはレバレッジをできるだけ抑えて取引をするようにしましょう。

FXで守るべきルール5

自分の取引ルールを見直す取引を続けているとどんなタイミングで利益を確定させ損切りラインを床に定めるかなど自分なりの取引ルールが定まってきます。

このルールを定期的に見直すようにしましょう。

ルールを修正し精度を高めていくことでさらに損失を抑えることにつながります。

損失を抑えることができれば仮に大きな価値がなくても長い目で見れば利益が生まれているはずです。

どうでしたかFXで守るべきルールについて理解できたでしょうか。

FXにおいて絶対に負けない方法というものはありませんが今回挙げたルールを徹底することでできる限り損失を抑えることは可能です。

しかし人間は感情の生き物ですから機械のように徹底するということがとても難しく思えます。

まとめ

では今日のまとめです。

もう一度5つのルールをおさらいしておきましょう。

損切りラインを定めておく感情的にならない

ポジションを大きく持たない

レバレッジをかけすぎない

自分の取引ルールを見直す

ぜひ覚えておいてくださいね

FX

Posted by てんてら