【FX】メンタルを整える方法!

FXに必要なメンタル

FXとメンタルは切っても切り離せません。

ポジションを持つと緊張する、不安でポジションを持てないなんて経験をしている人も多いのではないでしょうか。
しかしメンタルの仕組みというものを理解すれば悩む必要はありません。

今回は FXとメンタルについてお話ししていこうと思います。

ちょっと考え方を変えてやるだけであなたも今日から冷静沈着なトレーダーになれるでしょう。

では早速大前提のお話から大前提としてメンタルは伝えるものではなくなれるものだと思います。

鋼のメンタルを持っている人というのは鍛えたから同時ないのではなくシンプルに慣れているから動じないのです。

例えば車の運転の場合免許取り立てがと緊張します。

これはメンタルが弱いからではなくそもそも運転に慣れていないと言うただの経験不足が原因です。

毎日車に乗って運転に慣れて来るといつも間にた動じなくなるものです。

FXにおいても同じでトレードでメンタルがブレるのはメンタルが弱いからではなく経験不足が原因と言えます。

人間というのは自分がやっていることを正当化したくなる生き物です。

そのためトレードで結果が出ないとメンタルを原因にしたくなります。

しかし仮に10年間山にこもってメンタルを鍛えたとしても自分の思っている方向へローソク足が伸びるなんてことはありません。

メンタルがぶれる人は時間をかけて少しずつ慣れれていくということを意識してみましょう。

とはいえ慣れることが大事と言いつつマイトレードで10万円の損失を出し続けては破産してしまいます。

これではなれというより感覚が麻痺しちゃってるだけです。

ポイント

なのでお次は押さえておきたいポイントを解説していきます。

大きく分けて資金管理と想定内に収めることの2つが大事だとコツは思います。

というのもメンタルが弱くてのご相談してくる方に限って大きな金額でトレードしている逆光のリスクや損切りを考えてないという特徴があります。

儲ける事だけ考えて先の見えないものにお金を突っ込めば誰だって不安になりますから。

なのでこれら2つのポイントを押さえた上でトレードに慣れていきましょう。

まず資金管理に関しては自分の適性ロット知るということです。

よく資金10万円なら適正ロットはいくつですかみたいなご質問を頂くのですが適正ロッドというのは損しても自分が許容範囲内と捉えられる枚数のことであり資金に対して考えるものではありません。

仮に10万円の適正ロットが1ロッドがとしてこの枚数でのトレードでメンタルに日bt では適正でもなんでもないです。

またFXだけの収支で考える人も多いのですが自分のその他の市牛乳も含めて資金管理することも大事です。

毎月5万円 FXにかけられる人と100万円かけられる人では話が全然違ってきます。

自分の許容範囲外の損失を被るとメンタルにかなり響くのでまずは自分に合った金額でのトレードを意識しましょう。

想定内に収めるに関しては逆光のリスクを考えておくということです。

人間は想定していない出来事にびっくりする生き物です。

トレードでも自分が思ってない方向へ価格が伸びていくことでストレスを感じます。

おまけがどこに出てくるがわかるお化け屋敷は強くないようにトレードでもすべて自分の想定内に収めることを意識しましょう。

まとめ

では最後にそもそもの性格的なお話目標を持って FXに取り組むことは大事ですが FXに期待すぎている人は要注意です。

人のメンタルがもっとの崩れる時は理想と現実のギャップを感じた時です。

例えば受験で東京大学にダメもとで挑戦して受からなくてもそこまでショックは大きくないはずです。

受かると思っていた大学に落ちるとショックは大きいです。

メンタルが折れる人は FXで稼げると思い込んでいる最初から目標が大きすぎるスキルをつければ100%トレードでかけるみたいにFXに対して期待すぎている人にありがちです。

最初から理想が大きすぎるということです。

すぐに結果が出ないものだと理解して地道にお小遣いを稼ぐ感覚で参戦することもメンタルを安定させる大事な要素と言えます。

こうした気楽な感じで日々の勉強やスキルアップに取り組んでみることをおすすめします。